※ネタバレ含む 映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のエマに一目惚れした話

 

TSUTAYAにふらっと寄って洋画の棚を見ていたら、あるものが目に止まった。それが「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

f:id:isuaobook:20210410210511j:image

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち - 作品 - Yahoo!映画より

ダークファンタジーを得意とする「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」を監督したティムバートンの世界観だと知って尚のこと好きになった。

 

そして私は冒頭から終盤まで、空中浮遊の美少女エマに注目してしまった。

 

 

 

1.あらすじ 

映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」予告 - YouTubeより

f:id:isuaobook:20210411113741j:image

 

 主人公のジェイクは、平凡な毎日を過ごしていた。だがある日、祖父の伝えでとある島に向かうと、時空を超えて奇妙なこどもたちとミス・ペレグリンの住む家を見つける。そこは祖父が過ごしたと言われる家だった。不思議な能力を持つ彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることを知ったジェイクとそこに差し迫る危機。ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち、そしてジェイクは一体どのような結末を迎えるのか____________

 

2.能力者たち

 ”奇妙なこどもたち”にはその名の通り異能力が備わっている。

 

例えばこの男の子、

 

youtu.be

口の中に蜂を飼っておける体質らしく、口を開ければ蜂がバンバン出てくるという能力を持つ。こわい...

 

この見るからに育ちの良さそうな少年紳士くんは、自分の見た予知夢をスクリーンに投影し、皆に見せることが出来る。

 

youtu.be

この赤毛の少女は指先から火を生成できるというもはやガス代の要らない能力を持っている。

 

そして、私の推しである美少女エマは体が尋常じゃないくらい軽く、空中浮遊能力を持っており、常に鉛の靴を履いて勝手に飛んでしまうのを防いでいる。

youtu.be

 

他にも様々な能力を持った奇妙なこどもたちがいるのでまだ未履修の方はぜひ鑑賞して確認して欲しい。f:id:isuaobook:20210411020632j:image映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」予告 - YouTubeより

 

 

3.エマとジェイクにみる恋愛要素の必要性

本作で主人公ジェイクとエマは、そのような描写が濃く描かれている訳ではないが恋仲のような関係になっていく。

ジェイクの祖父とエマはかつて恋人のような関係だったそうだ。だからとは言わないが、そのかつての好きな人に顔が似ているジェイクに対して好意を持つのも無理はない。

 

ここで私的きゅんシーン3選をお送りしたい。

①ジェイクがエマに頼まれロープを縛るシーン

 

「リスを木の上にある巣に戻すから手伝って欲しい」とエマはロープを差し出して言う。ちゃんと縛っておかないと浮遊して空の彼方に飛んでいってしまうからだ。

ジェイクはエマの細い腰をロープでくるくると縛り付ける。

それを見るエマの視線の動きと微かな緊張に似た心の動きが見ている私の心を締め付けた。エマは今何を考えその大きな瞳で何を見ているのだろう、ジェイク越しにジェイクの祖父エイブを思い出していたのだろうか


f:id:isuaobook:20210411013646j:image

f:id:isuaobook:20210411013642j:image

映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」予告 - YouTubeより

 

と思ったら、いつもこのロープを縛ってくれる役割がエイブだったということが明かされ、頭の中に米津玄師のレモンが流れた。(嘘)

"胸に残り離れない苦いレモンの匂い"

今でもエイブはエマの光だ🤦🏻

 

 

②気まずい予知夢

先ほども挙げた予知夢を映し出すことのできる能力を持つホレースくんによって予知夢上映会が始まる。そこで終盤にエマとジェイクがいい感じの雰囲気の中キスするシーンが映し出された。にやにやしながらエマたちを見る他の子どもたち、そわそわしだすジェイク、居心地悪そうにするエマ。f:id:isuaobook:20210411013208j:image映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」予告 - YouTubeより

 


予知夢ってことは、これから起こるってわけだと思考回路を巡らせその後の展開への期待とエマの気まずい表情にきゅんとした。

 

③秘密の場所の共有

ふたりは、海の奥底にある沈没船の中へと泳ぐ。そこはエマの隠れ家にしている秘密の場所だった。

海の水で濡れたふたりがどうにも色っぽくて好きだと叫びたくなる。

ぐっとジェイクに近づくエマにきゅんとする。

 

この二人の関係がどうなっていくのかが、もう一つの主軸といってもいいだろう。ダークファンタジーに恋愛要素があると視聴者にとっても常時ハラハラしなくて済むから気が休まるのではないだろうか。

 

2人が恋人の関係になるのに言葉は要らない。外国の文化的なものだが洋画は告白が無いのが多い、そこが良い。

 

3選にはいれなかったがラストシーンなんかきゅんのきゅんなのでぜひ最後まで見て欲しい。

 

4.エマの魅力

 

ここまできてやっとという所はあるがエマの魅力を伝えたい。

 

 

金色の髪にウェーブがかかった美少女。身体は空気より軽く風船のようにふわふわと空に浮かんでしまう。その大きい瞳と真っ白な肌が魅力的だ。

f:id:isuaobook:20210411114331j:image映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」予告 - YouTubeより

 

エマはここに住むこどもたちの中でもお姉さん的な存在であり、ピンチの時も年下の子を優先して守るようにしていた。

あくまで私の憶測だが、そんなお姉さんエマが時折見せるかつての好きだった人、エイブを思い出すかのような描写が切ない。エイブからの電話を「あなたが出たほうがいいわ」とジェイクに譲るところなんかもう...色々思うところもあるはずなのにエマ....となってしまう。

 

5.エマ役のエラパーネルさん!!

そんなエマを演じたのがイギリスの女優エラ・パーネルさん。

f:id:isuaobook:20210411212917j:image

エラ・パーネル - 映画.com]

生年月日          1996年9月17日

出身                  ロンドン

身長                 163cm

 

 

主な出演作は、

「私を離さないで」(2010)

「キックアス/

ジャスティスフォーエバー」(2013)

マレフィセント」(2014)

などなど。

 

インスタグラムもやってます〜可愛い


f:id:isuaobook:20210411211952j:image

f:id:isuaobook:20210411211956j:image

エラパーネルさんインスタhttps://instagram.com/ella_purnell?igshid=1u8dacfutu3ul

 

今回はエマに注目したが、ひとつの作品としてすごく面白いので何も言わずに見て欲しい。

今ならdtvで見れる!!!!!!!🤳

 

 

 

参考サイトhttps://eiga.com/official/staypeculiar/

 

 

 

 

★可愛いレンタルサーバーLOLIPOP!★https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H9U8I+FXXVXU+348+614CZ

21期 乃木恋リアルイベント 〜早川聖来さん〜

第21期乃木恋彼氏イベント

早川さんを推させていただいてた去年の頃。その時の勢いで乃木恋彼氏イベントにダメ元でチャレンジしたらなんとまさかまさかの急展開で彼氏になった。

f:id:isuaobook:20210404200909j:image

 


素で「えっっ?」と声が出たのもこの時が初めてだったと思う。フラれる前提で告ったのに返事はまさかのOKなんだからびっくりしてしまった。

 

抽選枠でゲットした彼氏の座。

その当時はリアル早川さんを拝めると浮かれていたが新型コロナウイルスの影響で年中には開催されず、中止になることも危ぶまれた。

が、なんとかオンラインと対面の並行で開催されることが決まり、私は対面を選んだ。

最近はゆるっと応援スタイルで応援させてもらっていたため、ガチじゃないのに行ってもいいものかなどの考えがよぎったが、せっかくだから行きなよ、と頭の中の天使が背中を押してくれたので今に至る。👼

 


当日は早めに出たものの、おしゃれなビルが立ち並ぶところで迷いそうになり(迷った)困った。メールに明記されていた場所周辺でぐるぐるしちゃうという方向音痴ぶりを発揮し、危うくオタクっぽい人に「早川さんの彼氏ですか?私もなんです」と不審者になるところだった。

あんなおしゃれで高所得者しかいないようなところ、オタクが行っちゃいけない気がする。

 

 

 


そこからなんとか現場に着き、でっかい会議室みたいなところに案内される。諸々を割愛すると時間になって早川さんがぬるっと登場した。

女神🗽


オタクは声を出しちゃいけないため、拍手で反応したり準備されていたホワイトボードで意思表示をしたりする。

 


所感としては、早川さん20歳なのにあんな大勢の前で30分もひとりしゃべりするのすごいなぁと思うと同時に彼女の安定したトーク力に圧倒された。オンラインの人たちにも気を配っていて優しい。程よく笑いを入れ、自分のことも話す様はさながら女神...

 

 

 

 


さて、ここでやっと今回のイベントの内容を紹介していこうと思う。

①せーらー教に入ってもらいます

②オタクと推しのストレッチ

③オタクが幸せを感じたことを聖来ちゃんが紹介

④おまけ

の4本です。

 

 

 

①せーらー教に入ってもらいます

幸せになるためには、せーらー教に入るのが良いそうで、字面だけ見ると本当に怪しいね...。早川さん本人も偶然教祖の要素がある白のロングシャツの格好のことを口にして会場の彼氏()たちを笑わせていました。

 

②オタクと推しのストレッチ

運動不足で不健康なオタクのために一緒にストレッチをして体を解そうとしてくれる優しい早川さん。

 

早川さんが先導して次はこれ、次はこれとストレッチングを提案してくれたので体育が通年ほぼオール3のオタク、わかりやすく楽しくできました。

約100人弱の彼氏()が一気にストレッチングをする様はやや異様で早川さんにもその光景をつっこまれていました楽しかったです。

 

③オタクが幸せを感じたことを聖来ちゃんが紹介

これがメインかな。

事前にオタクから募集した最近幸せを感じた小さなことを聖来ちゃんがラジオのメール紹介のようにじゃんじゃん紹介してくれました。

 

私のは読まれませんでしたがいつ読まれるか?そもそも読まれるのか?というドキドキを味わえたのと他の方のを読む聖来ちゃんが可愛いかったのでオールオッケー(笑)

 

一回一回これ書いたのは誰ですか〜って確認してありがとうございますって感謝してたり要所要所に良い子...が滲み出ていました。

 

④おまけ

あっという間に30分経って終わりを迎えましたが、全体通して私的せーらちゃんの「ここ好き」を最後に言わせてください。

 

まず、椅子から落ちかけるせーらちゃん。

たっけぇBARにあるような座高が高めの椅子に座ってたせーらちゃんなのですが、冒頭で不安定だったのか体ごとぐらっとして「あぁぶなっっ」と声をあげていたのがかわいかったです。怪我しなくてよかったよかった。

 

次に、照れるせーらちゃん。

終わりかけの時、オンラインの方たちに今日はどうでしたか〜幸せになれましたか〜と聞いていたんですが、

「幸せをありがとう〜」

「楽しかった〜」

のコメントに続いて

「可愛い〜」

という完全同意のコメをくれた方がいたようでそれを読んだせーらちゃんの反応が会場の笑いを誘いました。

オタ「可愛い〜」

早「可愛い?あはぁぁ〜〜!!照」

私「🥰🥰🥰」

 

という感じで、

 

乃木恋リアルイベント、良かった。

早川聖来ちゃんは可愛い。

早川聖来ちゃんはいい子。

信者です。

 

spoon radio Japan

 

 

 

舞台「雨の塔」を初めて観た話。

原作は宮木あや子さんの「雨の塔」。私は舞台化が決まってから原作をAmazonでポチり。

 

 


雨の塔【電子書籍】[ 宮木あや子 ]

 

読み終えるまで舞台行くか迷っていて結局決めた頃には一般販売しか残っておらずスタートダッシュやや遅れ。

 

舞台では、3.21の千秋楽、矢咲・小津ver.を見ました。

 

もうすんごい。すごい。

みんな演技上手くてすっと世界観に入り込めた。で、歌めちゃくちゃうんまい。

 

目次

  • ①キャスト4人の印象
  • ②カーテンコールで
  • ③サントラと歌良い
  • ④その他
  • ⑤めちゃめちゃ円盤化希望


初台駅からそのまま新国立劇場はこちらと書かれた矢印を辿ると、直通で着いた。

天気は雨。建物の中に入る前、天井が抜けてるちょうど下にある池みたいなところ(??)に雨粒が降り注いでいた。雨の塔千秋楽に雨が降るとは...

f:id:isuaobook:20210321234358j:image

 


いよいよ劇場の中に入ると、正方形のステージが目に入った。思ったよりも小さい。天井のつくりとステージで鳥籠を模しているようで、その中に入っている4人の少女たちを我々が覗き見るといったつくりだった。観ている私たちは、そんな閉鎖的な中の世界しか知らない少女たちを、外の世界から観ているのだ。私たちはそれを檻の中の動物を見るような好奇心の目で見てはいけないと思う。少女たちはあの塔の中で必死に生きているから。(いや、動物も然り。)

しっかり観なくてはと気が引き締まる。

 


バルコニー席で上から全体を見下ろせる位置にいたため、一階席よりも全貌が見えていたかもしれない。360度のステージでは、席によって見え方が変わるから色々な位置で見てみたかった。

 


①4人の方たちの印象を。

f:id:isuaobook:20210321231207j:imagef:id:isuaobook:20210321231224j:image

矢咲実。

高月彩良さんのことはスカッとジャパンの夏美先輩から好きで注目していたのですが、生で拝見したお顔がきれーではぁぁとなりました。鼻が高いのですね。安定感のある歌声と演技で変わる声色に引き込まれました。最近のインスタライブで分かったのですが素の高月さん、めちゃくちゃよく笑う方です。演じる役とのギャップがすごい。

物語の話に戻すと....矢咲は過去の出来事から逃げるようにしてここに来たという点では、他の3人と動機が違うんだなと思った。が、ここでも三島に黒川の影を重ねたり小津と深い関係になったりと矢咲って人は.....

 


小津ひまわり

七木奏音さん。初めて存じ上げた方なのですがあの膨大なセリフ量をすらすらと、小津になりきってやってらしてめちゃくちゃよかった。小津だった。もうあれは小津。歌もめちゃくちゃ上手い。音痴な私からすると羨ましい。

名前覚えた(とても良い意味)

演技がとても上手いから何の違和感もなく小津として見ることができました。

私は小津が1番好きです。

 

 

 

 


都岡百合子

藤本結衣さん、こちらの方も初めて存じ上げたのですが亜麻色の巻いた髪の毛がすごく綺麗でちょくちょくそこに目がいってました。

元アイドルということも初めて知って以前生ドルで松村さんのおしり占いを受けていたの面白い縁で好きです。

三島都岡バージョン見れてないんですがTwitterで検索かけたら三島のリボンが解けちゃってたのを「いってらっしゃい」って言いながらアドリブで直してたらしく咄嗟に出るプロ〜〜をすごく感じました。都岡と三島の関係そのものじゃん......アアメッチャイイ...

あと、藤本結衣さんのインスタの感想絶対見て!!!雨の塔にかけた想い、スタッフさんや演出家の方への感謝の綴り。さらにキャスト一人一人への気持ち丁寧に書かれてて必読です。

藤本さんのインスタhttps://www.instagram.com/p/CMrh8r2pJLS/?igshid=14f4wy0off8g3


三島敦子

松村沙友理ちゃん。我らが松村沙友理ちゃん。グループはもう5年くらい応援しているけれどもこんな素敵な作品に出逢わせてくれてありがとうございます。

肌が白いです。ほんとお人形さんみたいだった。クラスで1番かわいい三島そのもので。

最初らへんの矢咲押し倒すシーンとリボンしゅるしゅると取って矢咲に絡まらせるシーンで感情が昂ってしまいました。あのシーンたちは三島としてではなく黒川さくらとしてだったのですが役をしっかり分けているのが分かって、これは三島だな、これは黒川だなとすぐ分かりすごいなぁと思いました。演じ分けがすごくできてた。でもカーテンコールで出てきた三島はもう三島ではなく松村沙友理ちゃんそのものだった。すごいキュン。もっと舞台や映像で演じている松村さんが見たいと思わせてくれました。

 


でも本当に全員、これから目を見張らせて何かに出演される際は必ずチェックしようと思う。それくらい、皆さんが魅力的で大好きになった。

 

②カーテンコール。

高月さん(矢咲)と七木さん(小津)が手というか手先だけちょんって感じで手を繋いで出てきてそのままお辞儀してったのでえええええいやああいい矢咲たちィィとなる。

そのあと矢咲小津が手を繋いでたからなのか、松村さん(三島)も両手を後ろに回して藤本さん(都岡)の手を後ろ手で(両手)取ってにこにこしながら左右に揺れつつ歩いて帰ってったのかわいかった。足取り軽めで。最後私から見て右手の席の方に手振っててかわいかった。藤本さんもつられて振ってた。みんなかわいい。かわいいの連鎖というこの世で1番良い連鎖反応起こしてて幸せ。あとTwitterで、メイク室で三島が矢咲のかっこよさにきゃっきゃっしているという情報を得て私の栄養分となり血と肉と骨を形成。松村さんてイケ女子にきゃっきゃしがちなんですよね好きです。生ドルゲストで来た風男塾さん然り、はるやまCMの男装白石麻衣さんについてのインタビュー然り。

f:id:isuaobook:20210321231300j:image
f:id:isuaobook:20210321231257j:image

→はるやまインタビュhttps://t.co/hqdLh2UsnQ

 

メイク室できゃっきゃっする三島さんhttps://twitter.com/i_am_nonchi/status/1373271471368200196?s=21

 

 

 

③サントラと歌が良い

とにかくサントラと歌が良い(2回言う)。

雨の様子とか、閉塞感を感じた。

あと歌への入りがどれも良い。みなさん歌が上手いので聞き惚れちゃって、もう一度聞きたいなと。あの、歌とサントラ収録したやつ売ってくれませんか.......

 

 

 

④その他

原作履修してから観劇したけどここはこのやつかだとか、ここはこのセリフか...だとか確認しながら見ることができたので良かった。

始まった瞬間、矢咲が旅行カバンを持って雨の塔に来た瞬間、ぞわっとしてついに始まったんだこれが舞台の雰囲気かと、そういう空気感を存分に味わえてもうメッチャ良かった。

 

キャストの方のインスタ載っけときます見てください。

矢咲実役、高月彩良さんhttps://instagram.com/sara_takatsuki_official?igshid=18wha814w3wfx

小津ひまわり役、七木奏音さんhttps://instagram.com/nanaki.kanon?igshid=lhd7wcs5286f

三島敦子役、松村沙友理さん

https://instagram.com/matsumura_sayuri_official?igshid=1wkt70k78kidl

都岡百合子役、藤本結衣さんhttps://instagram.com/yui__fujimoto?igshid=ugsdbzft0d7q

みんな元アイドルやってたり現役アイドルだったりするんだね。すごい共通点。


私の語彙力では雨の塔の良さを語り尽くせないので原作を。

 

⑤最後に、円盤化求む.............!!!!!!!!

どうか、関係者各位の皆様、円盤化是非待っておりますいつまでも。需要はあります!!

どうか。

 

そして、雨の塔キャスト4人の皆様、演出家さん、スタッフさん、関わった多くの方々お疲れ様でした。素敵な舞台ありがとうございました。

 

 

 

 

ピーターパン、クズ説。

ピーターパン、意外とクズ男で草

れが約15年ぶりくらいに見た私の感想でした。
初めてピーターパンを見た幼稚園児の時の私は、きっとこの記事のタイトルを二度見するでしょう。

f:id:isuaobook:20210206163942p:plain


ネバーランドという夢のような場所、子どもだけの国で暮らすピーターパンは、自分の影を探しにある家にやってくるんですがそこで3人の子どもと出会い、ネバーランドに連れて行ってなんやかんや起こる話です。


めて見た時はその世界観とネバーランドの楽しそうな雰囲気に気分が上がったもので、それは今でも一緒でした。だけど成長してから改めて見ると突っ込み所、いろいろありました。


まず私がディズニー版ピーターパンを見て、突っ込みたくなったシーン3選からお送りしたいと思います。


1.女はうるさいなぁ!

これは、序盤のセリフです。
ウェンディという3姉弟の長女が、ピーターパンが家に来たことにテンション上がって話しかけまくったところで言われた言葉です。ピーターパンにっこにこの笑顔で言うのが サイコみを感じた のと 主語がでかい!! となりました。

その後何事もなかったかのように見つけた影を靴の裏にくっつける作業(糸で縫う)をするのですがそれをウェンディにやらせるんですよね。自分はベッドの上に座って。


2.デリカシー??

ティンカーベルっていう妖精🧚‍♀️がいるんですが、まぁこいつもなかなかの奴で、ピーターパンに構うウェンディのこと嫉妬して嫌ってるんですよ。
ティンカーベル喋れないのでいつもジェスチャーで伝えるんですが、「ウェンディはブスだから嫌い」だとピーターパンに伝えるんです。

それを知ったピーターパン、なんとウェンディに直接「ウェンディはブスだから嫌いだってさ!」と伝えるんですよ!!

子どもの純粋な残酷さというかそういうのを感じました。まぁ子どもだからしょうがないのか...?


3.SOS!!

これはネバーランドでの出来事なんですけど、ウェンディとピーターパンは人魚たちが住むところに行きます。

人魚たちはピーターパンのことは歓迎するけど女であるウェンディのことは誰こいつ、ピーターパンのなんなの?的な態度であからさまに嫌ってるんですね。

それでウェンディに服や手を引っ張ったりして水の中に引き摺り込もうと意地悪するんです。

それでウェンディは助けを呼ぶんですけど、呼ばれたピーターパンけたけた笑ってるんですよ。それであろうことか最終的には人魚の味方につくんです。


まともなやつウェンディとナナ(いぬ)くらいしかいないな



その他にもピーターパンに母親のような役割を求められたり、インディアンたちの宴のシーンで女は薪を拾ってこいと追い出されたりとするんです。そういったジェンダーロールを押し付けられたことに嫌気がさしてネバーランドを出て大人になる決意をするウェンディがなんとも....


こまで批判的に書きましたが、またピーターパンのあの雰囲気を感じたくなっている自分がいます。もしかして好きなのでしょうか。
沼にハマるとはこういうことなのかもしれない...。

そういう差別的な描写と時代遅れなシーンは思うところがあるけれど、あの粗い画質と音楽とが惹き込まれるのも事実。


結局、これを見て何を思うかが大事ですね